70年代、80年代-主に韓服を着たことには母親たちは韓服がどんなものがきれいで、自分に合うものを知っていたが、今は洋装の生活化されて韓服に対してあまりにも知らない状態で、色とパンフレット、テレビでばかり見るのを中心に自分たちが着てミスが多く発生するのです。

韓服が自分によく合った場合、何度も長く着られが、よく合致しない場合、韓服が必要ないと感じるようになりますね。


住所:ソウル特別市鍾路区礼智洞6-1,広蔵市場2階の布木部,505号
電話番号:02-2267-3777

モバイルバージョンが準備中です。
PCウィンドウに連結するとFlashバージョンを見ることができます。
Iconをクリックしてください。

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 简体中文 (簡体中国語)

Leave a Reply