韓国は木器とともに、漆器が発達した国だ。
その発達には韓国なりの制約がある一方で、持ったことをうまく活用する知恵もあった。
漆の痕跡はかつて青銅器時代遺物でも発見されたが、特に楽浪により漢文化が
直接流入されることにより、漆工芸の発達の画期的なきっかけが行われた。
漆の樹液を採取するウルシは韓国全域に分布し、質も良い方だ。

住所:ソウル特別市鍾路区礼智洞6-1,広蔵市場1階
電話番号:02-2267-0291

モバイルバージョンが準備中です。
PCウィンドウに連結するとFlashバージョンを見ることができます。
Iconをクリックしてください。

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 简体中文 (簡体中国語)

Leave a Reply