布団に開始して夏には麻服を兼ねた。 色感覚は布団をしながら体得し、からむしにミニスカートまで製作したデザイン感覚が加わって、周囲では韓服をしてみたらゲッニャヌンを勧められた。

麻にミニスカートまで製作したデザイン感覚が加わって、周囲では韓服をして見るように誘いを受けた。

学院の代わりに、直接針仕事する人に師事した。 母さんの腹で生まれ変わるという気持ちで学んだ。
先生よりはお客さまにもっと怖かった。顧客の服を3度も断られながらしてあげたこともあるし、あつらえた服を払い戻ししてあげたこともある。
試行錯誤を経験しながら学ぶためか、これからは、顧客が何を望むのか、どのような色感が合うか経験で得たノウハウがたくさん積もった。 これが現在の私の一番大きな財産だ。

住所:ソウル特別市鍾路区礼智洞6-1,広蔵市場45-1号
電話番号: 02-2267-6813

モバイルバージョンが準備中です。
PCウィンドウに連結するとFlashバージョンを見ることができます。
Iconをクリックしてください。

夏には麻に洋装を作る。
だから四季の間ずっと物を販売する。
冬にはキルト。他の店は冬には物を売っていない。
冬用がないから韓服一つで四季を通じて持ちこたえているが、
私たちは、素材が変え続けから。

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 简体中文 (簡体中国語)

Leave a Reply