広蔵市場の輸入ビンテージの商店街

韓国戦争の時、市場の一部が破壊されたが、避難民が生活必需品と軍需品を取引し、再び活性化されたが、これが韓国輸入ビンテージの商店街の始めになった。
1983年通行禁止が解除されてから東大門市場は大型ショッピングモール中心のファッションの街として脚光を浴びる一方、広蔵市場は、韓服、寝具のような昏睡品が主流を成していると認識された。

広蔵市場の輸入ビンテージの商店街は独特なファッションアイテムのビンテージファッションで人気を続けて既製品にない、古くて磨り減った感じを活かしたビンテージファッションの天国になった。
還暦を過ぎた主人や20代前半の若い社長らが一様にジーンズから革ジャケット、シャツ、カバン、靴に至るまで最高の専門家たちだ。

This post is also available in: 한국어 (韓国語) English (英語) 简体中文 (簡体中国語)

Leave a Reply