Category

メイン

広蔵市場セクソポンおじいさん

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵ニュース | No Comments

市場周辺楽士セクソポンおじいさんベクヨンファ(88)さん。
グラ道士という愛称って鍾路1ピンデトック路地から楽園タプコル公園そして東大門市場までまるところなら、場所わず、純情くな熱風龍頭エルリジ豆満などセクソポンきながら公園無聊老人たち市場商人たち身近哀歓にしてきた。

広蔵市場営業時間のガイド

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵ニュース, 広蔵紹介 | No Comments
市場営業時間してたちがりたがっ簡単営業時間案内いたします。

市場の営業:午前9時から午後6時まで(日曜日は休業日)。

ビンテージ商店街の営業:午前10時から午後7時まで(日曜日は休業日)。
グルメ店街の営業:午後11時まで(年中無休)。

ソウルの名物、伝統市場を行く

By | メイン, 広蔵ギャラリー | No Comments

伝統ある広蔵市場韓服!!名品韓服、デザインの韓服を会ってみて下さい。[協賛可能]

広蔵市場韓服-朝鮮明紬です。 結婚韓服のオーダメード専門に多様な生地が具備されています。
新郎韓服レンタルも可能だから、利用してみてください^^
相談問議:02-2268-9640
ホームページ:http://chosunsilk.modoo.at
公式ブログ: http://blog.naver.com/joo98117

広蔵市場-朝鮮明紬

100年の伝統、大韓民国初の常設市場

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵沿革 | No Comments

1905年、日本が貨幣整理事業を断行しながら朝鮮商人の基盤を揺らすと、朝鮮商人たちが同年7月に広蔵株式会社を設立した。
日本人たちが経営権を行使した他の市場とは異なり、広蔵株式会社が運営していた東大門市場は純粋な朝鮮資本をもとにした朝鮮人市場の命脈をしっかりと守った。

ベオゲから広蔵まで

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵沿革 | No Comments

鍾路4街と礼智洞一帯に位置する、ベオゲ(梨峴)市場は、朝鮮後期のソウルの3大市場として有名だった。
1905年、漢城府市場の開設許可を出した当時は、東大門市場に名称を定めたが、1960年代以降には”広蔵市場”と呼ばれるようになった。

もともと、広橋と長橋の間を覆蓋して作ろうとしたために最初の文字を取って’広長市場’と名付けた。
しかし、当時、土木技術では大雨に耐えられず、ベオゲに敷地を落着き、以降は発音はそのまま残したまま、’広く集めて保つ’という意味を込めて現在の’広蔵市場’になった。

広蔵市場の輸入ビンテージの商店街

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵沿革 | No Comments

韓国戦争の時、市場の一部が破壊されたが、避難民が生活必需品と軍需品を取引し、再び活性化されたが、これが韓国輸入ビンテージの商店街の始めになった。
1983年通行禁止が解除されてから東大門市場は大型ショッピングモール中心のファッションの街として脚光を浴びる一方、広蔵市場は、韓服、寝具のような昏睡品が主流を成していると認識された。

広蔵市場の輸入ビンテージの商店街は独特なファッションアイテムのビンテージファッションで人気を続けて既製品にない、古くて磨り減った感じを活かしたビンテージファッションの天国になった。
還暦を過ぎた主人や20代前半の若い社長らが一様にジーンズから革ジャケット、シャツ、カバン、靴に至るまで最高の専門家たちだ。

韓国人の伝統が生きている市場

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵沿革 | No Comments

ライフスタイルが西欧化されるにつれ、伝統的な儀礼がたくさん忘れられているが、広蔵市場だけはまだその伝統を続けている。 冠婚葬祭に必要な韓服と幣帛、囚人服を販売する所が立ち並んで韓服だけでも、誕生祝いをお祝いする子ども店、改良韓服店、アクセサリーとゴム靴など韓服とともに使う品物も救うことはできる。

昏睡に必要な生地であり、布団はもちろん、幤帛(ペベク)専門店が数十年間の座を守っていた。
結婚式と、祭祀に必要な高級果物、用品だけを固執するところもあいかわらず奔走し商売をしているので、まさに韓国人の伝統が生きている市場だ。

広蔵市場の活力素:グルメ

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵沿革 | No Comments

数十年間続いてきた店の間にはいつも香ばしいにおいが振動する。 チヂミ、豚足、スンデ(臓詰め)をはじめとする市場代表メニューが各路地にいっぱいために、これが広蔵市場に足を催促させるまた別の楽しみだ。
夕方、おばさんの料理の腕前に安価で豊かだったピンデトック店にはいつも人たちが犇めいて遅い時間まで活気を続けていく。