All Posts By

석기 홍

[図書]広蔵市場の話

By | カテゴリーなし, 広蔵ニュース | No Comments

サムタで、広蔵市場の話が発刊されました。

広蔵市場107年の歴史を作家キムジョングヮン氏が2年が越える時間を取材して資料を収集して市場開設から現在までに実際の商人たちの話をしているこの本は市場の商人の哀歓を描いた大韓民国市場の歴史であり、生でもあります。

広蔵市場の話/サムタ/キムジョングヮン

広蔵市場セクソポンおじいさん

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵ニュース | No Comments

市場周辺楽士セクソポンおじいさんベクヨンファ(88)さん。
グラ道士という愛称って鍾路1ピンデトック路地から楽園タプコル公園そして東大門市場までまるところなら、場所わず、純情くな熱風龍頭エルリジ豆満などセクソポンきながら公園無聊老人たち市場商人たち身近哀歓にしてきた。

広蔵市場営業時間のガイド

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵ニュース, 広蔵紹介 | No Comments
市場営業時間してたちがりたがっ簡単営業時間案内いたします。

市場の営業:午前9時から午後6時まで(日曜日は休業日)。

ビンテージ商店街の営業:午前10時から午後7時まで(日曜日は休業日)。
グルメ店街の営業:午後11時まで(年中無休)。

100年の伝統、大韓民国初の常設市場

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵沿革 | No Comments

1905年、日本が貨幣整理事業を断行しながら朝鮮商人の基盤を揺らすと、朝鮮商人たちが同年7月に広蔵株式会社を設立した。
日本人たちが経営権を行使した他の市場とは異なり、広蔵株式会社が運営していた東大門市場は純粋な朝鮮資本をもとにした朝鮮人市場の命脈をしっかりと守った。

ベオゲから広蔵まで

By | カテゴリーなし, メイン, 広蔵沿革 | No Comments

鍾路4街と礼智洞一帯に位置する、ベオゲ(梨峴)市場は、朝鮮後期のソウルの3大市場として有名だった。
1905年、漢城府市場の開設許可を出した当時は、東大門市場に名称を定めたが、1960年代以降には”広蔵市場”と呼ばれるようになった。

もともと、広橋と長橋の間を覆蓋して作ろうとしたために最初の文字を取って’広長市場’と名付けた。
しかし、当時、土木技術では大雨に耐えられず、ベオゲに敷地を落着き、以降は発音はそのまま残したまま、’広く集めて保つ’という意味を込めて現在の’広蔵市場’になった。